なんと、買い物したはずのものがない?

母と買物に出かけたときの話です。その日は、11月でしたが丁度雪が降る可能性があるとニュースや天気予報でやっていたのを見て、「お母さん灯油や買い物して置いた方がいいよね?」と母に言ったときの出来事です。なにしろ私は、チェーンを付ける等苦手で(というよりほとんど付けたことが有りません)雪が積もった時に動けなくなるので大変だと思ったからです。
母は、「11月なのにまた天気予報はずれじゃない?」と言われましたが万が一を考えて出かけることにしました。灯油もほとんど残っていないし冷蔵庫も空だったためです。

ついでに、少なかったガソリンを補充したりしていたのですが、みんな考えることは同じこと明日雪がふるということから結構人が来ているので沢山人も並んでいます。やっぱり今日の内に準備したのは正解だったなと感じました。

さて、そんなこんなで必要な物を用意していつものスーパーに行ったのはもう夕方ごろでしたか、冷え込みもありさっさと買物をして帰ろうと急いでいました。
やはりスーパーも、いつもより混んでいます。2つの駕籠をいっぱいにしてレジに並んで1つ、2つと精算済みの駕籠を渡すそして会計をすると結構いつもよりお金がかかったなと内心思っていたのですが、エコバックに母が詰めたものがいつもと同じようにピッチリ入っていたので、「さすがお母さん、ずいぶんきれいに入れられるんだな」と感心しました。この時は、後であんなにあたふたするとは思わないで…帰って、冷蔵庫に詰め終わったころに母がジャガイモが無いと言い始めました。そして玉ねぎもないあれこれ言うので、またスーパーに逆もどりして店員さんに聞いてみたんですが、ないと言われました。兎に角釈然としませんしあきらめられなくレシートと買物した詳細に商品を比べたら、あれが無いこれが無いとなって大慌てです。

さすがに、駕籠1つだとすぐあきらめられないしまた買うのもしゃくなので店にもう一度電話して見たら、どうやら駕籠1つ冷蔵庫に置いてくれているそうです。
しかしながら、あの戻った時駕籠はなかったし店員も置いていないと言ったはず、ちょっと?になりながら、あってよかったと思いました。
まあ、結局どういう事かはわかりませんが、1つ原因として2つの駕籠を精算してもらったときに母に2つ駕籠を渡したときにもう1つあるのに気が付かなかったということですね。
kaimono_kago

フランスの伝統工芸品カルトナージュとは

カルトナージュとは古代フランスで紅茶を入れるために生み出された厚紙でできた箱のことを言います。今ではヨーロッパの伝統工芸品になりました。1800年当時、床屋を営んでいた方が、カイコなどの繊細な物を高品質のまましまっておくために生み出されました。厚紙でできた箱に布などを切って貼って、綺麗に仕上がった保存箱のようなものです。

まず、ベースとなる厚紙は作る箱の大きさによって、1mm、2mm、3mmと厚さを変えます。次に、その厚紙にケント紙を貼り付けます。これはこの次に貼る布の裏打ちに使用するものです。フランスではボンドを使用するのに対して、日本ではでんぷんで作られたノリを使用するのが特徴です。接着面の補強などにクラフトテープを貼ります。
これはボンドやでんぷん糊を染み込ませて使用します。染み込ませて貼り付けることで、より強度を増すことができますし、いらないところは手でちぎってカットできる便利さを持っています。また、金属やタッセルと呼ばれるパーツをくっつける時にも使用されます。伝統的な道具として、先が細くなっているヘラを使用します。これはデコレーションが混み合ってきた時に、そのデコレーションを気づつけることなく根元までしっかりと届くように長年の年月をかけて編み出された道具です。この道具を使いカルトナージュは作成されていきます。材料を切るのはフランス製カッターやロータリーカッターを使用します。フランス製カッターは肢の部分が特徴的で、握りやすい作りになっているのが特徴です。ロータリーカッターは普通のカッターの刃は引いて地面との摩擦を利用して切るのに対して、ロータリーカッターはカッターの刃が回り布など通常のカッターの刃で引っ張って切るのでは生地が伸びてうまく切れない時に使用されます。

ごはんがすすむ無限シリーズとは

クックパッドニュースで無限かぼちゃのレシピが送られてきました。無限かぼちゃの意味がよくわからなかったので調べてみると、調理の仕方でかぼちゃもごはんのお伴となるおかずになり、その可能性は無限にあるぞということを言いたいみたいです。

今までかぼちゃというと醤油で煮込むか、お菓子の材料にするくらいしか思いつきませんでした。近所にもらったとしても使い切れずにかびが生えてしまって泣く泣く捨ててしまったこともありました。そのくらい私の中では調理しにくい厄介者扱いのかぼちゃでしたが、今回はこのかぼちゃがちょっとした工夫で大変身するというのです。

たとえば焼き肉のたれを使えば簡単に回鍋肉ができてしまいます。かぼちゃの薄切りを先にレンジで3分チンしたあとに他の具材と一緒にごま油で炒めるだけという至ってシンプルなレシピ。味の調整で味噌と唐辛子、にんにくを加えるだけなので本格的な中華みたいにいろいろ調味料をそろえる手間はいりません。最初はかぼちゃで中華ですか、とびっくりしますが食べやすいおかずになるんでびっくりしますよね。

そしてこの無限シリーズは何もかぼちゃだけでなく、あらゆる食材で応用が効くのでネットでは無限シリーズが流行っているようです。最近までそんなこととは知らなかったので私はびっくりするばかり。無限もやし、無限ピーマン、無限にんじんなどいろんな食材のアレンジレシピが検索できるので毎日レシピがマンネリ化しやすい方には強い味方といえるでしょう。私もいつも似たような味付けばっかりで飽きてきたところだったのです。

全体的な特徴としては身近な食材を家にあるものでチャチャッとおかずにしてしまおうという発想です。これは料理が苦手という人には嬉しいですよね。使いなれない調味料をそろえなさいといわれても抵抗あるし、一回だけ作ってすぐ飽きてしまいがち。この無限シリーズの場合はレシピは工夫次第で無限大に広がるし、レシピはネットでただでみることができるし、手を出しやすいのが嬉しいですね。わざわざ書店に行って本を買ってというのは面倒という人も多いでしょう。この気軽さがウケているポイントじゃないかなと思います。

調味料でよく登場するのがツナ缶、ごま油、鶏ガラスープのもと、オリーブオイル、塩、こしょう、にんにく、生姜といったところでしょうか。このくらいの調味料でしたらどこのご家庭でもありそうですよね。ちょっとした居酒屋メニューでもできそうなおいしそうな小鉢が写真付きでレシピと一緒に載っているのでついつい見てしまいました。特に時間がない、でもだんなさんに早く食べさせないといけないという時に使えそうな時短レシピと言っても過言ではないでしょう。

あとはやっぱり調理テクニックがあまりいらないということもポイント。電子レンジを上手に活用してテクニックいらずで短時間で出来上がるところもいいですね。たくさん作りすぎたとしても、運動会や行楽シーズンなのでお弁当用にタッパーに保管しておいても重宝しそうです。朝お弁当を作る時間がないときは、この無限シリーズでおかずをまとめて作っておけばすぐに弁当箱に詰めてお出かけできますね。

食材によってはすぐ食べるよりは冷蔵庫で1晩寝かせた方がより味が染みておいしいものもあります。たとえばなすは中華だしやごま油、ツナ缶、塩こしょうをしてレンジで5分チンしたあとにゴマをかけるだけ。これを寝かせてから食べるとよりおいしいので、たくさんなすをもらったら作り置きしてもいいかもしれません。これだったら料理下手な主婦の私でもチャレンジしやすいのでいいなと思いました。これからは冷蔵庫の食材を捨てることが減りそうですね。
tamanegi_onion-2

佐賀の花菖蒲園に行って来ました

この前、佐賀の花菖蒲園に行って来ました。

花菖蒲園は佐賀の親戚と行ったのがきっかけで、その後は家族3人で毎年関西から1泊2日で旅行しています。
今年は土曜日に移動して日曜に帰るプランです。

最初は車で行っていたんですが、夫の負担が大きいので最近は電車で佐賀まで行って駅からレンタカーを借りています。
電車移動は娘が大きくなってきて車内でじっとしていないのが難点なのですが・・笑。
案の定、今回もおおはしゃぎ。
窓の景色を見て「あれなに?ねえあれなに?」のオンパレード。
私も夫も「あれはな~、あれはな~」ってずっと言っていました。
幸い週末は車内もほとんどが家族連れの旅行客の人で助かりました・・笑。

今年は花菖蒲園の他に博多天神で買い物をする計画も立てていました。
福岡に着いてから夫に天神まで連れていってもらいます。
買いたかったのは娘の私服。
去年来たときに娘に似合いそうな服を見つけたんですけど、そのときはまだ娘の体はちっちゃかったので1年待とうと。
娘は予定通り大きくなってくれました笑。

でも肝心のお店が見つかりません。
夫にも「去年いくつも店回ったから俺もわからへんよ」と言われ、思いだしてみます。
3件目に娘が「ここ去年来たで~?」と言ってお店を見ると確かに見覚えが。
中に入って子供服売り場に行くと・・ありました!
よしこれだと思って娘に着せるとぴったり!
よくぞ大きくなってくれました笑。

買い物に満足して、夜は佐賀のホテルに宿泊します
今年は夫のリクエストで少し趣向を変えて和風の温泉宿にしました。
温泉に浸かって、佐賀牛の会席料理。夫が選んだ料理です。
なにこれ~?っていうくらい美味しかった!。
娘の歯でも噛み切れるような柔らかいお肉でした笑。
佐賀のホテルに宿泊できて、温泉も満喫できて、美味しい会席料理。
佐賀って良いですねぇ。

そして次の日は楽しみにしていた花菖蒲園。
今年も満開の花菖蒲が綺麗。
娘もどんどん大きくなって、毎年違った反応になってきます。
最近は家の周りでも花を見つけると「写メとって!」とお願いしてきて、その度溜めて、その写メをプリンタで印刷してアルバムを作ってるんです。
今年は花菖蒲園に行くと言ったとき、「アルバムいっぱい出来る?」と楽しみにしていました。
私も娘とアルバム作りしてると段々ハマってきて、今年はいっぱい花菖蒲を撮って帰りました。

家に帰ってから花菖蒲園の綺麗な花をいっぱい印刷してアルバムが出来上がると娘は大喜び。
これからは毎年花菖蒲園にいくたびアルバムが増えていきそうです。

今年もクリスマスがやってきます

ハロウィンが終わると街は一気にクリスマス色が強くなってきますね。
大人になると子供の頃のようにクリスマスだからと言ってプレゼントを楽しみするとか、ケーキを食べるなんてことはしなくなります。
20代、30代は恋人と過ごしたり、友人とパーティーをしたり、クリスマスを一人で過ごすのは絶対に嫌という気持ちでした。
40代になると、クリスマスは普通の日となんら変わらない日常となっています。仏教徒のくせにだいたいクリスマスを祝うっておかしくない?なんて考えたりします。
そんなひねくれたことばっかり言っている自分もひとつだけクリスマスらしいことをします。
それはドイツの発酵菓子シュトーレンを焼くことです。
以前、通っていた料理教室で習ってから大好きになったのです。
シュトーレンとはドイツ語で「坑道」という意味だとか。

その真っ白な形は、キリストが寝た ゆりかごとか、おくるみにくるまれた姿、キリストが生まれた時に使った枕の形など様々ないわれがあるのです。
発酵させるため、パン屋さんで売られていることが多いですが、最近はケーキ屋さんにもありますね。
ラム酒やブランデーなど、洋酒漬けしたドライフルーツやくるみなどを混ぜ込んだ生地を細長い枕のような形に焼き上げて、粉砂糖を振って真っ白に仕上げます。
クリスマスの1ヶ月ほど前から少しずつ切って食べ、クリスマスが来るのを待つというのが本場ドイツの食べ方ということです。
ただ、自分が作るシュトーレンは本場のシュトーレンほど長持ちはしません。

そのため焼いてから1週間ほどで食べ切るため、クリスマス前の週末は必ずシュトーレンを焼き、ウィークディに食べ、また週末に焼くというのを繰り返します。
夕食後に何故か日本茶を飲みながら食べるのが美味しいのです。

自分で焼くのであれば、食べたい時に焼いて食べることも出来るのですが、やっぱりシュトーレンはクリスマス前に食べるものなんです。
雪が降ると、今年もそろそろ、シュトーレンを焼く頃だなあと思います。
昨年はいちじくを入れてみましたが今年は何か別のものを入れてみたいなあと思っています。
christmas_illumination

美容師さんとの会話がやっと弾むようになりました。

私は、同じ美容室に5年以上通っていますが、髪を切ってもらっている間、美容師さんとあまり会話が弾むことがなく、ずっと雑誌を読んでいることが多いです。まわりのお客さんはだいたいの人が美容師さんと楽しそうに会話しているので、毎回気まずく感じていました。そのことが悩みでもありましたが、私は人見知りな性格なので、なかなかうまく会話が出来ないので、どうしてもその場限りの美容師さんと会話することが億劫になり、髪の毛さえカット出来ればいいやと雑誌を読んでその場をしのいでいました。

しかし、やはり髪の毛をカットしている約1時間が苦痛になってしまい、どうして自分だけこんなふうなのかをよくよく考えていると、あることに気づきました。それは、私は今まで美容室に行く目的は「髪をカットする」と言う事だけだったので、毎回違う美容師さんに切ってもらっていたのです。私の行く美容室は、かなりの人数の美容師さんがいるので、ほぼ毎回初めての美容師さんでした。人見知りの私なので、当然のことながら会話をすることが出来ません。美容師さんの方も気を使ってなのかあまり話しかけてきません。これではいつまでたっても苦痛な時間は改善しませんよね。

それから、私は美容室を予約するときには美容師さんを指名することにしてみました。同じ美容師さんに2回、3回と切ってもらううちに、だんだんと色々な会話が出来るようになってきたのです。そして、あれだけ髪をカットする時間が苦痛だったのに、あっと言う間の時間へと変化していきました。きっと、まわりのお客さんも当然のように美容師さんを指名していたのですね。

美容師さんは、色々なお客さんを相手に会話をしているだけあって、本当に知識が豊富でした。日常的に会う幼稚園のママさんや近所の人とは違って、たまにしか会わない美容師さんだからこそ、なかなか周りには相談出来ない事や愚痴も言えたりします。そして、どんなことでも快く聞いてくれます。

今までとは違い、これからは美容室に行くのが楽しく思えるようになりました。

那智勝浦の温泉について

今年の夏休みに家族で旅行に行きました。目的地は太地町にあるくじらの博物館とその近くの海での海水浴に行くことでした。

1泊しようと思い宿泊先を近くの那智勝浦温泉のホテルで探したのですが、お盆の時期だったので那智勝浦の温泉宿が混雑していて空いてなく、新宮市のビジネスホテルに宿泊することとしました。

海に入ったり、たくさん汗をかくと思いますので、ビジネスホテルなのでお風呂が期待できそうになかったため、ホテルや宿の日帰り入浴を利用しようと思いネットで検索しましたが、ほとんどの宿が日帰り入浴のみの利用は大人1000円~1200円となっており、家族4人となるとちょっと高いなあとなりまして、他にいい温泉はないかなあと探していますと、道の駅に併設された温泉施設があることが分かり、値段も大人600円とお手頃なのでそこに決定しました。温泉施設があるのは『道の駅なち』というところでJR紀勢本線の那智駅の駅前にあります。道の駅なので地元農産物の直売所、熊野古道の情報などが掲示された場所などがあります。

温泉は建物の2階にあります。温泉は循環とかけ流しの併用のようでした。大浴場からは勝浦の海が一望できて解放感がありました。温泉を堪能後、夕食を食べようと思い食事ができるところを探しました。道の駅の中には食事ができるところはなかったので、道の駅での情報を探し、名物のまぐろが食べられる『まぐろ三昧那智』というお店に行きました。時間が遅かったこともあり、それほど混んでなく店も広かったのですぐに席につけました。多くのマグロ料理がありましたが、やはりまぐろ丼だろということで自分はまぐろ丼を食べ、家族はまぐろの刺身、カツ、角煮のはいったまぐろ定食やネギトロ丼を食ってまして、どれも新鮮でおいしかったです。那智勝浦ならば温泉と食事はマグロは必須だと思いました。
fish_aji

子犬が元飼い主さんを覚えていたこと

我が家にはオスのシーズー犬とその息子のシーズー犬がいます。3月に縁ががあってメスのシーズ犬を飼われている方と交配をし、生まれた中の1匹です。
メスの飼い主さんが出産後3ヶ月くらい面倒を見てくれた後譲り受けました。

現在その子犬も5ヶ月になり、ほぼしつけも終わり、家の中では便をしなくなりました。人懐こい親犬とは対照的に、番犬にしてもいいくらい、家族以外の人には吠えます。
ゆずり受けて、1ヶ月後くらいに、元の飼い主さんに見せに行ってから行っていないので、久しぶりに見せに行こうということで連れて行ってきたときのことです。
元の飼い主さんに合って、子犬を呼ぶと尻尾を振って飛び掛っていきました。この子犬は生後3ケ月しか世話してもらっていないのに覚えていたのです。
本当に嬉しそうに飛び掛り、抱かれると嬉しそうに顔を近づけています。
正直私も、元の飼い主さんも感動しました。こんな子犬でも覚えていたのです。それは顔なのか、臭いなのか分かりません。嬉しそうな子犬と、元飼い主さんの顔を見ると思わず涙ぐんでしまったほどです。

そういえば今から15年くらい前にこんなことがありました。当時自宅でマルチーズを飼っていました。約6ヶ月ほど飼いましたが、幼稚園児だった子供の喘息やアトピーに良くないと言われ、知り合いにしぶしぶ譲りました。その知り合いは県外の方なので、もう会えないと思っていましたが、約1年後、近くに行くので寄りますという知らせがありました。

暖かい季節だったので玄関を開けていました。そのうち車が止まるました。知り合いが来たようです。ドアが開くと同時に、マルチーズが一目散で走って家の中に入ってきました。覚えていたのです。嬉しそうに私達夫婦に飛び掛ってきました。この時も涙ぐんでしまいました。今回の出来事は、過去の出来事も思い出させてくれて、更に犬の賢さを改めて認識しました。
もう子供も社会人となり、これから長く付き合っていかないといけないシーズー達との絆を大切にしたい気持ちになりました。
dog_maltese

「フォトリソグラフィ」という微細加工

「フォトリソグラフィ」という言葉はご存知ですか?
耳慣れない言葉ですが、日常生活を見渡せば、むしろ溢れかえっているくらいの技術です。ビジネスやプライベートで用いるスマートフォン、タブレットPCや居間に置いてある薄型テレビなど、探せばどんどん出てくるでしょう。もちろんモニターですから、自動車など液晶パネルなども例外ではありません。
意識をしだすと、どれだけ「フォトリソグラフィ」が溢れかえっているか分かりますね。

名前のとおり、(photo)技術を用いて、基板に画像パターンを刻み込む技法(lithography)なのです。フォトレジストという感光性樹脂で、マスクパターンを転写して、露光されている部分とされていない部分をつくるのです。そして、そのパターンを利用して光によって微細加工を行うのです。
特に半導体分野では「フォトリソグラフィ」の貢献度は高いのです。半導体の製造には膨大な作業工程があり、「フォトリソグラフィ」は一工程にすぎませんが、もっとも重要な技術であることに間違いはありません。

微細加工はそのものが高度な技術力を要求されます。半導体分野ではナノメートル単位で、パターンを刻み込むことが要求されますので、もはや人間の知覚の範囲ではないのです。

我々の生活を豊かにしているスマートフォンこそ「フォトリソグラフィ」の代表的製品といっても過言ではありません。写真撮影にしても、動画の視聴にしても切っても切り離せないほどに浸透しています。
生活に密接にかかわっているからこそ、これからも伸びしろが期待できる重要な技術なのです。

もうそろそろ買い替えの時期だけど・・・

今、乗っている自動車は当時、中古で購入したものです。乗り始めて12年くらいになると思います。今では軽自動車も装備がかなり良くなり、10年以上は軽く乗れると思います。
今の自動車は旦那が乗っていたお古なので、当時私が乗っていた自動車が調子が悪くなったため、旦那が自動車の買い替えの話をもってきたときに「やっと私の自動車が買い替えれる」と嬉しく思いました。

ところが旦那は自動車を買い替える=旦那が新しい車にして私は今まで旦那が乗っていた自動車(今の自動車)という考えなのです。
ですので、私が欲しい自動車があるとしてもそこは意見も聞いてもらえず自動的に私は旦那の今まで乗っていた自動車に乗ることになるのです。
納得はいきません。それでも我慢して乗っていました。
今の自動車は色も可愛いし、形も可愛いのでオイル交換やバッテリー交換など上手に定期的にやってあげればまだまだ乗れると思います。
自動車に乗る頻度は私は毎日の仕事や買い物で乗らない日はないんです。ところが旦那はほとんど乗らないんです。それなのに新車を買うという考えもよくわからないです。
旦那がほとんど乗らないなら旦那の自動車を乗ればいいことなのですが、それも何となく気が引けてしまいます。ですので、今の私の自動車が悪くなったときは今度こそ私の専用の自動車を買おうと思っています。

出来れば旦那名義ではなく私名義にしたいと思います。
今の自動車はライトのところがかすんでいるのでオイル交換で無料点検をしてもらうときに毎回言われるところです。
ですが、夜に運転することもほとんどないため、とりあえず、そのままの状態で乗っています。
でもたまに夜に運転するときにはやはり少し暗い感じがして不便です。
悪いところがあるとスタンドなどで必ず指摘されます。それを旦那に言えば「スタンドは金儲けでそう言うんだから直さなくても大丈夫」と言います。何となく毎回そういう言葉に疑問を感じつつ、自分の車を買うとなると、そういう意見も聞かなくていいと思い、今は旦那のお古の車を乗っている状態です。

2年に一度ある車検を通しつつ、タイミングを見計らって新しい自動車の購入を夢見る毎日です。
車検で特に悪いとこがない限り乗り続けたいと思いますが、下取りなどのことを考えると少しでも高く査定をしていただきたいという気持ちもあります。
自動車の買い替えとなると下取りの価格も大変気になるところですので、そのためにもあと少し大事に綺麗に乗っていきたいと思っています。

車検はいつも奈良の自動車屋さんに頼んでいますが、そちらでも国産全メーカーの新車を販売されてるようなので、そちらにも相談しようと思っています。