出張先で事故を起こしてしまった時の話です。

午後7時過ぎ仕事を終えて疲れて車に乗車。カーナビをセットしてホテルに移動。
その際、出張先で取引先との食事会があり直線の国道が少し渋滞しており到着時間が気になりカーナビに目を落とし到着時間を確認していたとき急に前方がつまりブレーキが間に合わず前方の車に衝突してしまい、その衝撃でその前の車にもぶつかってしまい、玉突き衝突を起こしてしまいました。
その際本当にびっくりしたのが、渋滞を抜けて走り出し、信号もない道でいきなり前方が渋滞状況になっているとは思いませんでした。
もちろん思い込みで走っていた私が一番否があるのはわかっていますが、それでも「なんでここで渋滞してるの」という感じでした。
事故を起こしてしまったのですぐに車を降り、前方の車に行きました。前方の車の方も出て来て頂きとりあえず怪我はないということなので幸い、車も自走できる状態だったので、ここだと危ないと言うことになり、安全な場所に移動。
警察等を呼び事情を説明。その他にも保険会社への連絡。会社への連絡。初めての事だったので何が何だか初めはわからない状態でした。
とりあえず、相手の方に名刺を渡し、保険の加入の報告やら、警察の現場検証などが行われました。
この際にも電話ななどがかかってきていて取ると保険会社方で丁寧に接してくれるのですが、やはり現場にいないので説明に時間がかかり説明途中に警察の方から「今いいですか?」と言われ電話を切り落ち着いて電話をかけると結構待たされてしまい、またタイミング悪く繋がった頃にはまた事情を聞かれる事を繰り返しました。その頃には携帯の充電もなくなりそうになっていました。
県外での事故は事故検証に事故の当事者が再度集まらなければいけないので、その場で現場検証をして物損事故で終わりました。
かかった時間は事故を起こしてから3時間弱がたっていました。
しかし事故車での帰宅はできない状況(ウインカーが右だけつかない状況でも整備不良車)と保険会社の担当者が言ったのでレッカーを呼ぶ事になりレッカーを待ちました。しかし、自走できるとレッカーを呼ぶか否かを判断するのは意外と迷いました。
その場でレッカーを呼ばないと特約が使えないと言われレッカーを呼びましたが、後になり修理が終わって車を納車してもらうタイミングもかなり遅くて困りました。 事故を起こしたのは自分なので仕方の無いことですが。ちなみにレッカーが来たのはレッカー要請後1時間30分後でした。
しかし待った甲斐があって、事故車がきれいになって帰ってきたときはうれしかったです。
もう愛車を事故車にしないよう、よそ見運転には気をつけようとおもいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。