椎間板ヘルニアの恐怖

1人目出産から腰痛がひどくなりました。
もうアラサーという事もあるので、体に徐々にガタがくるのは仕方ないとは思いますが、この腰痛、産後、そしてもうだっこが終わる時期にはなおるだろうと思っていたのですが、甘かったです。
どんどん痛みは激しくなってきて、いつか椎間板ヘルニアになってしまうのではないだろうかという恐怖が最近頭をよぎります。
私の周りでは、椎間板ヘルニアになった人が何人かいます。
いずれも手術はせずに通院と、サポーター、それと自宅療養のような形で「治した」のですが、本当に完治しているかどうかはわかりません。
でも、彼らの椎間板ヘルニア全盛期の痛みの凄さは間近で見ていた事もあり、その痛みとつらそうな顔が頭によぎります。
「私もいつかああなってしまうのだろうか」と、嫌なイメージがわいてきてしまうのです。
そして、今現在、2人目を妊娠中です。
1人目はもう2歳半ですから、だっこはほぼ必要としないはずなのですが、妊娠してからというもの「だっこだっこ」ということが増えてきました。
おそらく既にやきもちを焼き始めているのでしょうが、さすがにもうお腹も大きくなってきて、13kgもある息子を抱っこするのはきついです。
でも、それを拒み続けているのもかわいそうなので、時々抱っこするのですが、もう体中に激痛が走ります。
まるで重量あげのオリンピックの選手になった気分です。
「とにかく持ち上げて耐えろ!」と自分に言い聞かせています。
妊娠中という事もあって、普通にしていても腰が痛いので、これは椎間板ヘルニアの始まりかもしれないと思ってしまいます。
もちろん、妊娠中の腰痛はつきものだというのは分かるのですが、立っている時にドンッと激痛が背中からお尻にかけて走り、その時は立っていられないので、もしかしたらこれがぎっくり腰か椎間板ヘルニアの始まりなのかもしれないと、いつもびくびくしてしまいます。
産後には整体に行って体を整えたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。