歯槽膿漏の治療

少し前から歯茎が腫れていて市販薬を歯茎に塗ったりしていたんですが、とうとう我慢できなくなり治療を始めました。
近くの歯科医を受診して調べてもらうと何と歯槽膿漏という診断・・。
名前だけは知っていましたがまさか自分がそれになってしまうとは。
結構ショックでした。
程度もかなり重いもので、前歯の横3本目の歯が少しぐらついているとのこと。
確かに自分で触ってみると他の歯と違うのがわかりました。
レントゲンを撮ってもらうと、歯茎の中にまで歯石が入り込んでいて、普通の歯石除去では取れないそうです。
これが細菌の原因になって中に入りこんでいるので歯槽膿漏の原因になっていると言われました。
治療としては歯茎を切開してきちんと歯石を取り除く必要があると言われました。
また揺れている歯は少し人工骨で補った方が良いということで同時に手術で補強するそうです。
診断したその次の回に手術と言われ、なんか治療がすごい速度で進んでいくことに驚きました。
そして1週間後、いよいよ手術の日になりました。
歯の手術などそれまでしたことがありませんでした。
歯の付近は麻酔が効いているので痛みは無いんですが、唇は感覚があるので、先生が最後に縫合している糸が口に当たって、「あぁ今縫ってるんだ」というのがわかりました。
処置が終わったあと舌で触ってみると確かに糸らしき感触があります笑。
1週間後にまた受診して抜糸をすると、歯茎の痛みも完全に治まってきました。
歯茎自体も以前のような痛みに悩まされることも無く、鏡で見ても普通の色に戻っていたのでホッとしました。
先生曰く「歯がグラグラな時点で受診したのでギリギリ間に合ったんですよ」だそうです。
これ以上放置していると歯茎がさらに悪化し歯が抜けていたそうです。
怖すぎます・・。
それからは月一回歯科医に通って歯石取りと細菌の洗浄をしています。
細菌はまだまだ歯茎に入ると危ないそうです。
歯磨きの仕方も指導してもらい、今まで磨いてきたやり方がいかに間違っていたかを知りました。
これからは年を取っても歯が抜けないように歯磨き頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。