新作DVDを久しぶりに借りてみた

私はケチなので、旧作の映画DVDを100円でレンタルしてるんですよね、普段は。

見たい映画があっても。旧作になるまで粘り強く待つタイプです。だって、新作料金が高いですから。

でもなかなか旧作にならない映画ってあるんですよね。かと思うと、もうこれが旧作になってる、なんてものもあって、基準がいまいちわかりません。

まあ、でもこの間、新作DVDを久しぶりにレンタルしました。どうしても見たくなってしまったので。

新作借りるなら、5枚借りて1000円というお得な借り方を利用するのがいいんですよね。そのつもりでいって、5枚選ぼうとしたのですが、どうしても見たい映画が二本しかなかったんです。あとは旧作になってからでもいいかなというものだけ。

それで、無理して5枚借りることないか…と思い、どうしても見たい新作映画を一枚借りました。見たのは「キャロル」という映画です。

パトリシア・ハイスミス原作の映画で、原作も読んでいたのでどうしても見たかったんです。映画館に見に行きたかったのですが、見逃したのでレンタルはどうしてもしたかったんですよね。

少し映画用に変えているところはあったんですけれど、本筋はそのままで、原作ファンとしても最高でした。

この映画は昔の時代設定でアメリカの女性同士の恋愛を描いたものなんですけど、かなり美しい映画になっていました。現代でも同性同士の恋愛はみんなが「普通だよね」と受け入れているわけではないと思うので、昔はもっと大変だったんだ…とそういう点でも改めて興味深かったです。でも、ひとを愛するって、性別とかを超えて尊い、美しい幸せなことなんだなと思わせてくれました。

あと、これは旧作で前に見たんですが、邦画の「この国の空」も良かったです。戦時中に、隣の家に住む一人暮らしの年上男性と不倫の恋におちる若い女性の物語なんです。

戦争と恋。演じていたのは長谷川博巳さんと二階堂ふみさんで、すごく静かな映画なんですけれど緊迫感があってよかったです。

最近映画見たいブームが自分のなかにきているので、どんどん見たいと思います。
family_tv

専門学校時代の友だちと都内で食事

専門学校の時からの友達で卒業してからも定期的に会っている友達と3人で都内で食事をしました。
以前から予定を立てていたので子供は旦那さんに見ててもらいました。
1人は旦那さんと動物病院を開業したのでとても多忙なので、前よりは会う機会が減ってしまったけど、忙しい合間を縫って私達に会ってくれます。

2ヶ月ぶりの集まりで、いつも通り居酒屋へ行きました。
私達は割と騒がしい方なので周りが気にならないように居酒屋にいくことが多いです。
居酒屋だと食べ物もいろいろな種類があって食べたい物を食べられるのが好きです。

この日も話は大盛り上がりで話も笑も絶えずとても楽しい時間を過ごしました!
3人とも結婚しているので旦那の話や家事の話などがメインだけど学生時代の思い出などもたくさん話して懐かしい気持ちになり、成長したなぁと感じました。

3時間半近く話して、デザートを頼もうかと話していたら店員さんからバースデープレートが運ばれてきました。
なんと、私の誕生日があったのでそのお祝いを2人がサプライズでしてくれました!
予想外の展開にとてもびっくりしましたがとても嬉しかったです!
2人とも、プレゼントまで用意してくれていました。

1人の子は、夏らしい素材のショルダーバッグでバッグを買おうか悩んでいる時だったのでとても嬉しかったです!
子供がいるのでショルダーだと両手が空くのも嬉しいです!

もう1人の子は、カレー皿と便利なタッパーでした。
カレー皿は旦那の分と2枚で割れない素材だけど、頑丈なものでら子供がいる家にはありがたいと思いました。
おしゃれな見た目なので、カレー以外でもサラダにも使えます!

2人ともドンピシャなものを選んでくれて本当に感謝です。

毎年遅れても必ず祝ってくれるいい友達です。

3人とも住んでる場所が違うのけどらこうして今でも集まれる友達は本当に大切にしたいなと改めて思いました。
楽しすぎて終電間近での帰宅になったけど子供を見ててくれた旦那にも感謝です。
nomikai_joshikai

私が知らない娘の姿。家庭訪問で泣きそうになりました。

幼稚園年中の娘がいます。
生まれてこの方、ずっと1人っ子で、少し泣けば周りの大人が手を貸してくれるのが当たり前。
幼稚園に行き始めて、だいぶマシになったものの、甘えん坊で、朝の用意もまだまだ時間がかかります。子離れできない親ではいけない、と、多少突き放す努力をしたものの、登園の時間に間に合わさなければ、と思うあまり、ついつい声をかけて手伝ってしまう私に、娘はやはり甘えたままです。
幼稚園では大丈夫なのだろうかと、ずっと心配していました。
そんなこともあり、「甘えすぎです」と言われることを覚悟して臨んだ家庭訪問。
ところが先生は、「とってもしっかりしていますよ。周りの子にも気配りをしてくれて、助かっています」と、笑顔で話してくださいました。

聞けば、幼稚園では誰に言われるでもなく片付けを積極的に行い、お腹が痛いと泣いている子を職員室に連れて行き、先生のお話を聞く時は背筋をピンと伸ばして椅子に座っているのだそうです。
うちでは、困ったら泣き、かまって欲しければ泣き、自分の意に沿わないことがあれば泣き、と、泣いてばかりの娘。片付けだって、やはり途中で泣き出して、私に手伝いを求めてくるのがお決まりのパターンです。

そんな娘からは、しっかりした姿をとても想像がつかず、「それは本当にうちの子のことですか?」と思わず問い返してしまうほど驚きました。本当だと言われると、感動で泣きそうになってしまいました。
泣いてばかりだと思っていた娘は、家の中だけのことで、外に出ると娘なりに頑張っていたのです。
幼稚園で頑張って、お利口にしていることも知らず、褒めるどころか「もっとしっかりしなさい」とまで言っていた私。
「幼稚園でこんなことしてたら、お友達に笑われるよ!」と言った私の言葉を真に受けていたのでしょうか。
申し訳ないことをしたな、と思いつつ、甘えん坊の娘がしっかりと幼稚園生活を送っていることを知り、驚くと共にとても誇らしく思いました。
その晩、娘とお風呂に入りながら「先生、とっても褒めてらっしゃったね。頑張ってるんだね」と娘に言うと、娘は「頑張ってるよ!だってね、もう年中さんだもん!」と、胸を張って、そう返しました。

「そんなこと知らずに、頑張りなさいって言ってばかりでごめんね」と謝ると、幼稚園で習ったのでしょう「いいよ!」と元気な返事が返ってきました。
今思えば、娘を甘えん坊にしていたのは、私自身だったのかもしれません。
朝の用意をしている時も、手を離すどころか、常にぴったり横にいて、心配するあまり、あれやこれやと口出ししていた自分が恥ずかしくなりました。そんなことしなくても、もうきちんと出来る子なのに、そのことに気付かず、何もできない赤ちゃんのように扱っていたのです。
次の日、朝の用意を、娘のしたいようにさせてみました。
手伝いたいのをグッと堪えて、黙って見ていると、私が傍にいないことに戸惑いながらも、娘は登園の時間までにきちんと全てをこなしました。
部屋の片付けの際、途中で手伝いを求められても「できるはずだよ。待ってるから、自分でやってごらん」と話すと、少しメソメソと泣きましたが、私が手を貸さないつもりだと理解すると、自分の力で成し遂げようと動き始めました。
なぜ、この子はいつまで経っても赤ちゃんのように甘えん坊なのだろう、と頭を悩ませていましたが、誰よりも娘を赤ちゃん扱いしていたのは、私自身でした。
娘は昨日、夏休みを迎えました。

私は、娘と話し合い、娘に2つ、夏休み中に行う仕事を与えました。
朝起きたら、洗面所のタオルを取り替えることと、玄関に置いてある植木鉢の植物に水をやることです。
今朝、娘は起きてきたら、自らタオルを替えに洗面所に向かいました。任されたことを成そうという責任感が、娘の後ろ姿から見て取れました。
黙って見守る、何かを任せてみる。
以前の私にはとても出来なかったことです。

幼稚園で成長しているのは娘だけではありません。娘の成長を通して、親も成長していくんだと思い知った出来事でした。
254881s

御殿場プレミアムアウトレットに行ってきました

バーゲンも終盤ですが、小学生と未就園児を育児中の専業主婦の私は、バーゲン大好きなのに思うように見れず不完全燃焼。
なので、土曜日の朝、いきなり思い立って、家族に「御殿場のアウトレットに行きたい!」と提案しました。

我が家から御殿場までは、空いていれば高速利用で1時間程度で着いてしまいます。
口に出したら、益々行きたくなってしまいました。
御殿場プレミアムアウトレットは、もう1年以上行っていません。

だけど、下はまだ2歳の息子。
思い付きで出発して渋滞に巻き込まれたら、ただ疲れに行くようなものです。
そこで、夫に渋滞情報を調べてもらったところ、「今日は特に渋滞ないみたいだよ」とのこと。これで決まりでした。

小学生の娘は、あまり乗り気ではないようでしたが、「たまにはママに付き合って!」と強行突破。
準備をして10時に家を出発。
情報通り、渋滞もなく、スイスイと進み、11時丁度に御殿場プレミアムアウトレットに到着しました。
とりあえず、駐車場から近い場所にあるGAPからチェック。
自分の服だけではなく、娘と息子の服も見ます。
夫は自分の服は自分で選びたいタイプなので、夫に任せることにしました。

その後、混み合う前に早めに昼食を済ませてしまおうと、フードコートへ。
11時半でしたが、席はまだまだ空いていて、余裕で座れました。
どうやら今日は特に空いている日みたいです。

私はサクサクと昼食を平らげ、まだ食べている子供二人を夫に任せて、アウトレット内をじっくり見ることにしました。
一人で歩けるって素敵。
邪魔されることなく、自分のペースでショップを見れるって、なんて素晴らしいんだろう。
歩いている内に辿り着いたのはバナナ・リパブリック。
冬物最終セールと、春物も40~50%OFFになっていました。
アラフォーの私には、デザインがしっくりくるブランドです。
冬物はとにかく安いのですが、サイズが丁度良いのがなく、
春物のベージュのロングカーディガンを試着したところ、サイズもピッタリ、デザインも理想通りなので、購入を決意。
定価8000円の半額、そこからベネフィットのサービスで貰えるクーポン券を利用して更に5%OFF、3800円で購入できました。

次にじっくりと見たのは、ELLEとMKミッシェルクラン、オフオンなどが入っているアウトレットの店舗。
シンプルで手に取りやすい価格帯で、しかも、THE!アウトレット!という割引率。
そこでは、7割引きで紺のパンツとグレーの冬物セーターを購入。
2点で約4000円でした。

最後にもう一度GAPを見て、チェックしていた薄いピンクの春物ニットを購入。

本当はグレーのコートを探していたのですが、良いものが見つからず、買うことはできませんでした。
だけど、満足できる服を4点も購入できて、とってもハッピー。

子供たちをみてくれた夫には大感謝です。

その日の夕食は、ちょっと遅くなったので、外食で済ませてしまいました。

せっかくアウトレットで安く服を購入しても、高速代やガソリン代、外食代がかかったら意味ないかも、という突っ込みは、どうか入れないでください。
fashion_parka

迷惑な父親

ウチの夫は、よく寝ぼけて変なことを言ったり変な行動をしたりします。
夜家にいる時は、眠くなくても横になりたいらしくすぐに布団へ行きます。
布団に入ってしまったら99%の確率で寝てしまいます。
本人は横になるだけでまだ完全に寝るつもりはないので、歯磨きなど寝る前にすることは一切していない状態です。
私が寝る時に、私の布団で寝ていたりするので起こします。
何度も何度も声をかけて、ちゃんと起きてくれるまでかなり時間がかかります。
なかなか起きないのでイライラしますが、起きた時が面白いんですよね。
イライラも吹き飛ぶぐらい面白いです。
笑いすぎて興奮して眠れないぐらい面白いです。
起こした時寝ぼけて色々と面白いことをしていますが、昨夜また面白いことをして笑わせてくれました。
布団では9ヵ月の娘も寝ているんですが、起きて!と何度も何度もいつものように声をかけ、先に私は歯磨きをしてしまおうと思い洗面所で歯磨きをし始めました。
我が家は寝室から洗面所へ行くのに台所を通って行くんですが、ようやく起きてきたようでホッとして洗面所から様子を見ていたところ、何か夫の様子がおかしいんです。
寝室からのそのそ出てきて、台所で何やらウロウロしています。
目が覚めていなくて、寝ぼけていて何がなんだかわからない状態なのかな?と思って見ていると、夫の腕には布団で寝ていた9ヵ月の娘が抱かれていました。
娘を抱いて寝室からのそのそと出てきて、何がしたいのかウロウロしています。
その姿を歯磨きしながら遠目に見て思わず吹き出しそうになりました。
私たちが寝る前に娘にミルクを飲ませて寝ます。
寝る前のミルクは夫の担当なんですが、ミルクを作りに台所へ来たんだろうけど、寝ぼけて何がなんだかわかっていなくて、ミルクが娘となってしまったんでしょう。
寝ていた娘もビックリです。
いつもはミルクを持って寝室へ行き、娘を起こしてミルクを飲ませるんですが、ミルクが出来上がっていないのにいきなり抱き上げられ、目が覚め娘はいい迷惑です。
ミルクを冷ますのにちょっと時間がかかるから、抱っこをやめて布団に戻しましたが、娘は抱っこによって起きてしまったので泣き出してしまいました。
娘は大迷惑だし、私は大爆笑だし、夫は何がなんだかわかっていないし、いつもよくこんなに寝ぼけて変な行動が出来るなぁとある意味すごいなと思ったりしています。
夫が飲み物を飲んだりして目を覚ました時に、たった今の出来事を話すと全然覚えていません。
夫は私の作り話だと思っているようなので、これからは動画を撮っておこうと思います。
akachan_hikitsuke_keiren

着物をレンタル

キレイな着物を着て美しい姿を見せたい、そう思うのは女性にとっては当然のことですよね。
やはり着物姿というのはとても魅力がありますし、男性をかなり魅了します。
着物を着ていればより美しく見えるのもいいですよね。
そんな着物ですが、女性は結婚式や成人式で必要になる場合も多く、なくてはならないものですよね。
しかし、着物を購入するにはお金がかかり、値段が高くてなかなか着物を購入することができないという人もいると思います。
そんなときにありがたいのが、「着物レンタル」です。
着物をお店などでレンタルすれば、着物を購入しなくても着物を着ることができます。
やはり、着物は何十万高いものであれば何百万とすることがあるので、着物を買うのは大変になってきます。
しかしながら、「着物レンタル」であれば、手頃な料金で着物を貸してもらうことができるので、とてもオススメです。
着物が必要になっていざ購入してみても、その後はあまり着なくなるなんてこともけっこうあるので、そうならないためにも、着物をレンタルしてみてもいいかもしれません。
美しい振袖姿を見せたいという女性はたくさんいるはずです。
そんなときには一度着物をレンタルしてみてもいいでしょう。
キレイな晴れ姿を見せることができればやはり嬉しいですし、他の人にも注目されるかもしれません。
もし、着物が必要になったときには、「着物レンタル」を考えてみてはどうでしょうか。
着物姿はやはり美しいですよね。

年末年始の過ごし方について

毎年、年末年始は、1年で唯一の長期休暇を取ることができる日々です。毎年年末は、ごろごろ、だらだらしてのんびりと過ごすことが通例となっています。
しかし、休みというのはほんとうにあっという間に過ぎてしまいます。
通常の仕事をしている日の10倍くらいの速さで時間が過ぎていくという感じでしょうか。
なにもしないでぼーっとしていると、本当にあっという間に時間が過ぎてしまっているという感じです。
楽しい時間は本当に早く過ぎ去るものだということを通関しています。
そして、辛い時間は永遠のように長く続くことも、長い人生の中で自分が痛感していることです。
とはいえ、せっかくの貴重な休暇なので、なるべく自分の時間を確保して、有意義に過ごしてみたいと考えています。
自分は実家や親戚の家が近く、いわゆる帰省というものがないので、帰省をする人より時間は多く取れるのではないかと思います。
帰省があると、混雑や渋滞に巻き込まれてしまいますし、いろいろとお金が書かてってしまうのですが、そういったことが全く無いのが救いかもしれません。
お盆の時期もそうなのですが、ニュースで帰省ラッシュの様子などを見ると、自分にはまるで他人事という感じがしてしまいます。
ただし、たまには遠出してみたいと感じていることも事実です。
正月は、家の中に引きこもり、ぐだぐだと過ごすというのが、自分にとって最大の贅沢です、やはり、毎日あくせくと働いていると、なかなかそういったことができないので、たまにはそういったことがしてみたいと思ってしまいます。
どこか遠くへ出かけなくても、いろいろと楽しむことはできるのではないかと思います。
特に現在は、インターネットがあるため、家にいてもいろいろなことができるようになっています。
そういった意味では、家にいても、都会でも、地方でも格差がなくなっているのではないかと思います。
地方の人にとっては、いい時代になったのではないかと思っています。
driving_red