盗難に遭ってしまいました。

中古でTOYOTAのプリウスを購入し、気に入って乗っていました。
しかし乗り始めて1年が過ぎた頃、そのプリウスが盗難に遭ってしまいました。
中古で購入したので型落ちでしたし、当時初年度登録から6年も経っている車両でした。

通勤に使っていたわけではなかったので、毎日乗っていたわけではなく週に2、3回買い物などに使っている程度でした。
自宅から少し離れたところの駐車場に停めていたので、毎日車があるか確認はしていませんでした。

買い物に行くのに車を使おうと駐車場に行くと、何故か愛車がなかったのです。
まず私は前回乗った時にどこか違うところに停めて、そのまま放置してきてしまったのではないか、私が記憶喪失になっているのではないかなどとパニックになりました。
まさか車がなくなるなんて思いもしなかったからです。

しばらく頭が真っ白でしたがどう考えても前回乗った時はきちんと駐車場に停めていたので、その場で110番通報して盗難に遭ったことを警察に言いました。
しばらく待っていると自宅に警察官が二人来て事情聴取をされました。
その場で被害届を出すことになり、また車が発見されれば連絡してもらえることになりましたが、プリウスは一番盗難に遭っている車種らしくて見つかる保証はないと言われました。
まだ購入して1年ちょっと、しかも車両保険もつけておらずローンも5年ほど残っていたので絶望しかありませんでした。

それから10日ほど経った日の夜、自宅から車で30分程のところにある交番から電話がかかってきて、車検証や車内にあった荷物が貯水池に捨てられていると言われました。
現物確認をしたり現場を見に行ったりしましたが、車両自体は発見されませんでした。

その後警察からは何の音沙汰もなく2ヶ月程経ちました。
盗難車両が持ち主の元に戻ってくるのは全体の20パーセントだと知ってもう車の発見は諦めていたのですが、車検証などが発見されたところとはまた別の管轄の警察署から車両が発見されたとの連絡がありました。

見つかるとは思っていなかったので嬉しかったですが、車両がどんな状態かとても心配でした。
後日鑑識に立会って指紋や唾液の採取をし、そのままレッカーで車両を持ち帰ることになりましたが、幸い運転席側の鍵が壊されていたこととETC車載器が捨てられていたこと、バッテリーが上がってしまっていたことぐらいでなんとか自走することもできそうな状態でした。

今は盗難に遭ったプリウスを売却するため色々と手続きをしているところです。
自分の車が盗難に遭うなんてなかなか考えないと思いますが、誰にでもその可能性はあります。
保険料が上がってしまってもしっかり車両保険に入ることは必要だと思いました。
また余裕があれば車両に社外セキュリティーも付けるべきでしょう。
未だに犯人は捕まっていませんし、この先も捕まるかどうかわかりません。
もうこれ以上盗難で悲しむ人が増えないことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。