帰ってきたICカード?乗車時にはあるが降車時に消えた話?

今日は、夕べヒーリングミュージックを掛けたまま寝たためか寝覚めがすこぶる良く、苦手な朝なのに自分史上最高の目覚めでした。
ここで油断禁物と、いつもなら慌ててやる超省略工程のみを行いゆとりを持って出勤、とはならず、いつもよりすこーし早いかなくらいの時間に出勤できました。
お気に入りの腕時計を忘れたくらいでとくに問題なくいつものバス停に到着と同時に乗りたいバスが到着し、混んでるにも関わらず何故か座れたりと、とてもスムーズに通勤開始しました。読書をしながらゆとりのある通勤時間を満喫していました。通勤用のICパスケースはいつも右手に掛けているので、その日もそうしているはずでした。

途中降りる人のために立ったり席を移動しながらも、自分の中では割とスマートに動いたはずです。
そして、自分の降りるバス停についた時事件が起こりました。
確か右手に付けていたパスケースが無いのです!
カバンの中かと探しても無い。

新しいひざ掛けを持ち込もうとサブバッグを探しても、ひざ掛けが邪魔でバッグの中が見えない!
多分3分くらいアウターのポケットをひっくり返したりしていたのを見かねた運転士さんが「いいから降りなさい」と降車口へ手を伸ばしました。
後でこの分の運賃も払うからね、という目で運転士さんを見てから降車しました。単に混雑時間だから邪魔だったのでしょうけど。
あのICカードは定期券にしていた時の印字が薄く見えてて、当時の勤め先の記憶が蘇る事があったからこの際新しいのにしようかなとか、パスケースも長く使っていて、チェーン部分が剥げてきていたからいっそパスケースも新調しようかなとか考えながら仕事をして2時間後電話がありました。
何とわたしのパスケースが営業所に届いているそうです。

よくよく話を聞くと、営業所はわたしの家からも通勤先からも遠いが、水曜日になると遺失物として警察署に行くのだとか。その警察署は自宅にかなり近い場所にあります。その話をして警察署での受け取りとなりました。
ちなみに「運賃」ですが、次回バスに乗った時に運転士に事情を話してお支払いで良いですよとのこと。
混んでない時にお支払いしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。