年金について、もっと考えるべきです

年金の支給率を下げるそうですが、これ頭に来ませんか?
どうしてこんなことができるのでしょう。
そして、高齢者としての年齢も引き上げるとかなんとか言ってますよね。
ちょっと待って下さい。
年金の支給率を下げて、年金の支給開始年齢を上げるって事でしょう。
その前にやることたくさんあるのに、おかしいですよ。
議員削減もそうだし、そうそう公務員のお給料、確か上がりましたよね。
何でですか?

それにね、消えた年金問題あるじゃないですか!
あれはどうなりましたか。解決してませんよ。
今はそのことについて誰も何もやってないんじゃないですか。
それとも私の知らないところで、一生懸命、問題解決のために動いてくれている政治家がいるんでしょうか。
私は自分の生活について、すごい不安です。

今も金銭的には苦しいのですが、でもそれなりに生活は出来てます。
ただ、年金に関してはパートなので国民年金のみ。
厚生年金に入りたいから、いろいろと仕事を探してますがこの年齢だとなかなかありません。
普通の主婦をしていた私が、いきなり母子家庭になってしまった場合、それも年齢的にも若くないなら、なおさら仕事の幅が狭まります。
それでも、国民年金を払ってますが、満額払っても生活出来ないくらいの支給額ですよ。
年金は以前は素晴らしい制度だったと思います。

でも今はどうでしょう。
国民の年金を自由に使っていたのは、その年金を扱っていた社会保険庁だったはずですが、その責任は日本年金機構に変わったからって消えません。
徹底的に究明をしてほしいし、責任の所在は明確にするべきです。
その為にも、しっかりとかじ取りをしてくれる代表者が出て来てくれることを強く望みます。
責任逃れをしている当時の人たちを、引っ張り出して真相解明をしてほしいと思います。
今の若い人たちが、将来、苦しい生活を送らないですむように考えてあげて下さい。
政治家や公務員の給料を少し減らして下さい。
もう少しだけで良いですから、公平な社会になることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。