新作DVDを久しぶりに借りてみた

私はケチなので、旧作の映画DVDを100円でレンタルしてるんですよね、普段は。

見たい映画があっても。旧作になるまで粘り強く待つタイプです。だって、新作料金が高いですから。

でもなかなか旧作にならない映画ってあるんですよね。かと思うと、もうこれが旧作になってる、なんてものもあって、基準がいまいちわかりません。

まあ、でもこの間、新作DVDを久しぶりにレンタルしました。どうしても見たくなってしまったので。

新作借りるなら、5枚借りて1000円というお得な借り方を利用するのがいいんですよね。そのつもりでいって、5枚選ぼうとしたのですが、どうしても見たい映画が二本しかなかったんです。あとは旧作になってからでもいいかなというものだけ。

それで、無理して5枚借りることないか…と思い、どうしても見たい新作映画を一枚借りました。見たのは「キャロル」という映画です。

パトリシア・ハイスミス原作の映画で、原作も読んでいたのでどうしても見たかったんです。映画館に見に行きたかったのですが、見逃したのでレンタルはどうしてもしたかったんですよね。

少し映画用に変えているところはあったんですけれど、本筋はそのままで、原作ファンとしても最高でした。

この映画は昔の時代設定でアメリカの女性同士の恋愛を描いたものなんですけど、かなり美しい映画になっていました。現代でも同性同士の恋愛はみんなが「普通だよね」と受け入れているわけではないと思うので、昔はもっと大変だったんだ…とそういう点でも改めて興味深かったです。でも、ひとを愛するって、性別とかを超えて尊い、美しい幸せなことなんだなと思わせてくれました。

あと、これは旧作で前に見たんですが、邦画の「この国の空」も良かったです。戦時中に、隣の家に住む一人暮らしの年上男性と不倫の恋におちる若い女性の物語なんです。

戦争と恋。演じていたのは長谷川博巳さんと二階堂ふみさんで、すごく静かな映画なんですけれど緊迫感があってよかったです。

最近映画見たいブームが自分のなかにきているので、どんどん見たいと思います。
family_tv

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。