友人の建てた新築一戸建て

大学時代の友人が昨年結婚して、今年新築一戸建てを建てました。彼女は埼玉の郊外に住んでいますが、どうしても新築一戸建てに憧れていたようで、頑張ってローンを組んで建てることを決めたそうです。
友人の住んでいる地区はそこまで便利ではありませんが、逆に土地の値段がそれほど高くないので、何とかローンを組んで新築一戸建てを建てられそうだと思ったそうです。
友人の憧れる一戸建ては木の家です。
友人の親戚の家が木の感じの家で、ドアも壁も皆むき出しの木でできています。そのような雰囲気に憧れて、自分の家を建てることがあればそうしようと決めていたと言います。
ローンは35年くらいで、月々10万近くの支払いになりますが、友人夫婦は共働きなので何とかなるようです。友人も旦那さんも共に公務員なので、安定して働けるという強みもあります。
旦那さんも新築に憧れていたようなので、2人の意見が一致したようです。

先日友人の新築の家が出来上がったと聞いたので、私も埼玉に遊びに行きました。
出来上がった家はとても大きく、モデルハウスのようでした。
庭もあり、そこで木も植える予定だといいます。
玄関も広々としていて、広いリビングルームにたくさんのかわいらしいインテリアがあります。観葉植物もたくさん置いてあり、なんとなく友人らしいなと思いました。
作りも友人が言っていたような木の家で、ドアや壁などが皆むき出しの木になっているのがとても素敵でした。
テレビに出てきそうな家です。

私は今までこのような感じの家に入ったことがなかったので、新鮮でとても嬉しかったです。二階も見せてもらいましたが、二階も広々としていて、天井も高く居心地のよさそうな感じでした。
将来子どもができた時のために子ども部屋もきちんと用意してあるのがさすがだなと思いました。
友人宅は埼玉の郊外ですが、車があれば特に不便はないそうです。
友人も旦那さんも2人とも運転できるので、車を使って楽しく暮らしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。