良い歯科を選ぶ大切さ

コンビニの数と同じぐらいの歯科医院があるといわれていますが、人にいいと言われる歯科に行っても自分には今一つだったり相性の問題もあるのかもしれません。
2年前主人についてできたばかりの新しい歯科に行きました。
設備は、今まで大きな総合病院でしか経験したことのなかった立ったまま撮れるレントゲンがあり良い歯科に来たような気がしておりました。普段は痛みがないのにアイスクリームを食べた時だけ痛くなる歯をレントゲンで撮ったら「横から虫歯になっており中は真っ黒です」といわれ「この歯を治療するためには5,6回は通うことになるそれでも良ければ削ります」と続き、内心そんな言い方と思いましたがアイスクリームがまともに食べれるのならと思い通院をすることにしました。
通い始めて3回目に上の歯、4回目に下の歯を歯科衛生士が機械でクリーニングをするのですが、痛くて途中でやめてほしいとお願いし止めてもまだ終わらないでこれでもかこれでもかという感じに数分間執拗に機械を当てられました。
一昔前は手作業でクリーニングをしたり超音波でクリーニングの場合でも、ものの数秒で終わっていたように思います。後日鏡をみておりましたら右の上の歯の根元がぐるりとざっくりえぐり取られており指で触ると痛く、歯科でそのことを話したら「どうもなければそのままでいいけど痛いようならレジンをかぶせとく」と言われかぶせてもらうことにしました。歯科医がみたら、自分が見つけた歯の前2本も同じようになっていると言われ3本レジンでかぶせてもらいました。
三本も健康な歯の根元をえぐり取られてしまいとても悔しかったです。そしてなんの謝罪もありませんでした。私には健康な歯を故意に傷つけているようにしか思えません。歯科によっては抜けた歯を元通りに付けてくれたり、極力本人の歯を残すために力を入れておられる中百舌鳥の歯科もあると聞きます。そういう歯科が増えて欲しいし選びたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。