どろどろになったじゃがいもでポタージュスープ

今日は離乳食用に野菜を煮込んで、野菜スープやそれぞれの野菜のみじん切りなどの冷凍ストックを作りました。
かぼちゃやじゃがいもなどは煮込むと崩れてどろどろになるので、ある程度他の野菜を煮込んでから鍋に投入しようと思っていましたが、かぼちゃとじゃがいも以外の野菜だけで1つの鍋がいっぱいになりもうかぼちゃもじゃがいもも入れることが出来ません。
仕方ないので、もう一つ鍋を用意してかぼちゃとじゃがいもだけで煮込みました。
煮込みながらお昼ご飯を食べたりその他の家事をしたりしたので、後から煮込んだかぼちゃとじゃがいもの鍋を見たらじゃがいもが見事に崩れてどろどろになっていました。
かぼちゃはそんなにベチャベチャすることはなかったのに、じゃがいもって柔らかくなるのが早いですね。
煮崩れしやすいキタアカリと言うじゃがいもを使っているから余計に崩れやすいのかもしれません。
なんとか離乳食用に使えそうな崩れてもやや大きめのじゃがいもを取って潰して離乳食用に冷凍しました。
でも、じゃがいものほとんどが崩れてどろどろになっているんですよね。
それを捨てるのは勿体ないなと思い、よし、これをポタージュスープにしようと考えました。
かぼちゃは離乳食用に取り除いても残ってしまったので、かぼちゃは柔らかくなっているけど形がそのまま残っていたので、一旦まな板の上に取り出しスプーンで潰しました。
その潰したかぼちゃを元の鍋に入れて、じゃがいものどろどろと混ぜ合わせました。
そこへ牛乳を入れてどろどろを若干サラサラにして、顆粒のコンソメを入れて軽く煮込みました。
これでじゃがいもとかぼちゃのポタージュの出来上がりです。
味見をしてみると、じゃがいもよりかぼちゃの味しかせずパンプキンスープのような感じでしたが、ちゃんとそれなりの味になっていました。
温かくても冷製でもいけそうです。
離乳食作りで煮込みすぎて失敗したじゃがいもで美味しいスープが出来たので、今後は離乳食作りの時はじゃがいもとかぼちゃは他の野菜とは別の鍋で煮込んで、失敗してもスープに出来るようにしようと思いました。
soup_clam chowder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。